美容クリニックで働く看護師のお仕事日記

美容クリニックで働く看護師の日々を綴ります!

2014/11/08

私は美容クリニックに訪れる患者さんは、比較的若い世代の方が中心だろうと思っていました。しかし実際に美容クリニックに勤務するようになって、何と年齢層の幅の広いことかとびっくりしました。女性の美に対する意識は非常に高いものがあるのだなと実感しました。「いくつになっても女は女」とはよく言ったものだと妙に感心しました。

 

美容クリニックを訪れる女性の患者さんは若い人だと20代で、上は60代くらいの患者さんは比較的頻繁に訪れます。その中でも年代に関係なく安定した需要のあるのが、脱毛です。

 

若い世代の中には、例えば夏場露出の大きい衣服を着用するとか、海水浴場などで水着を着用するのでということでムダ毛の処理をする人が多いです。しかし一方で50〜60代の方で脱毛を希望する人も多いです。なぜかというと、彼女たちの若い頃も脱毛の施術がありました。しかし当時は料金が高くやりたくてもできませんでした。ところが最近になって価格もだいぶ安くなったので、やってみようかと思う人が多いみたいです。

2014/11/08

通常美容クリニックでは、完全予約制をとっていて、1日に何人もの患者の施術を担当することもあります。そして自分の予約している時間になると患者さんがクリニックを訪れます。つまりあらかじめ決められている施術時間で終了しないと、どんどん次の患者の施術時間が押していってしまいます。自分も残業しないといけないですし、何よりも患者さんに多大な迷惑をかけかねません。

 

そこで的確にかつスピーディに作業を進めていく必要があります。私は最初のころ、なかなか業務に慣れずに本当に目の回る日々を過ごしていたことがあります。技術や手さばきが不慣れなので、どうしても時間がかかってしまうからです。

 

仕事をしているときには、自分の見える所に都県をセッティングした方がいいと思います。そして明らかに予定されている施術時間までに終わりそうにないと思った時点で、ほかの施術に入っていない先輩の看護師を呼ぶことです。そうすることで、スピードアップを図り施術時間内で終える努力をすることです。

2014/11/05

美容クリニックというと女性の患者さんばかりが来るというイメージを持っている人もいるでしょう。実際私もそう思っていたのですが、結構最近では男性の患者さんがしばしば訪れる傾向があります。私たちが思っている以上に、男性の美意識は高いようですね。

 

男性の方も女性と似たような悩みを抱えている人が多いです。ムダ毛が濃いので何とかしたいとか、肌が汚いのできれいになりたいなどの悩みをしばしば耳にします。

 

私の印象なのですが、男性は意外と繊細な方が多いような感じがしています。奥さんや彼女から体毛の濃さを指摘されて気にするようになったとか、毛深いことが学生時代からのコンプレックスだったという人も多いです。女性よりも男性の方が他人に言われてどんどん気にするようになる人が多いようです。そこで最初の内は、どのように男性の患者さんと接すればいいのか困ることもありました。しかしいろいろと接していくうちに、男性も女性も悩みを抱えていることは一緒だと気づきました。女性の患者さんと同じように接すればいいのではありませんか?

2014/11/05

私の勤めている美容クリニックでは、脱毛の施術を行っています。女性はもちろんのこと、最近では男性でも脱毛を希望される方が増えてきています。個人的には男性であれば多少ムダ毛のあった方がいいような感じがしますが、そうも言っていられない時代なのかもしれませんね。

 

脱毛施術をする前に患者さんへの指導として、自己処理をしてもらうようにお願いしています。しかしそれでも、うっかり処理をし忘れるとか、完璧に処理しきれていない患者さんが見えることもあります。そのままの状態で脱毛をするとやけどを引き起こしたりする可能性もあるので、看護師がシェービングを行います。

 

このシェービングですが、実際にやってみるとかなり時間がかかってしまいます。しかもシェービングの時間も施術時間の中にカウントされるので、いかに迅速に処理ができるかが勝負です。できれば手の空いている看護師にも協力してもらって、時間をかけないように心がけることが大事だと思います。

2014/11/03

美容クリニックで行われる施術は、通常の病院で行っている治療とはまた違います。ですから最初のころは慣れないこともあって、あたふたしてしまうこともありました。しかし美容クリニックの業務をマスターしていく中で、看護師としての知識や技術は確実に広がります。キャリアアップを考えている看護師の方には、美容クリニックは比較的恵まれた環境といえるのではないでしょうか?

 

また働きながらやろうと思えばきれいになれるところも、美容クリニックの魅力だと思います。私はまだ経験はありませんが、私の勤めている美容クリニックでは社員割引制度というものが採用されています。自分のクリニックで施術を受けるのであれば、通常よりも安い価格で手術が受けられます。

 

病院の場合、急患や入院患者の急変が起きるとすぐに対処しないといけません。残業を強いられる可能性もあります。しかし美容クリニックでは予約制をとっているので、決められた時間の枠の中で仕事ができ、集中力を保ちやすい所はメリットといえると思います。

2014/11/01

美容整形クリニックを訪れる患者さんは、自分の見た目のコンプレックスを克服するために整形手術を受けにやってきます。整形手術を受けるとなると、かなりの覚悟が必要です。整形手術は基本的に自由診療扱いになるので、全額治療費は自己負担という形になります。中には数十万円とか数百万円といった大きなコストを負担しないといけない手術もあります。

 

現状を打破したいと思っている一方で、手術に対する不安を持っている人も多いです。「自分の思っているような容姿になるのか?」「失敗することはないのか?」といった不安です。そもそも自分の顔などにメスを入れることに抵抗を感じる人は多いです。

 

美容整形クリニックで看護師の仕事をしていると、患者さんからいろいろと不安や疑問点を聞かれます。この時にしっかりと相手の話を聞いてあげることが大事です。不安に感じている患者さんの話を丁寧に聞くことで「このクリニックなら安心して任せられる」と思ってもらうことが大事なのです。

 

こういった医療技術ではなく、コミュニケーション能力が試される職場は他にもあります。例えば、企業で働く産業看護師・産業保健師(参考サイト - 産業保健師ラボ - 企業求人の見つけ方&採用率アップの転職術)や、コールセンターでの健康相談のお仕事などがあります。そういった職場に興味がある方は、合わせてチェックしておきましょう。

2014/10/28

私は結婚を機に今まで病院勤めしていたのをやめて美容クリニックに転職しました。家事との両立が必要になったので、夜勤や不規則な生活リズムの仕事を離れざるを得なかったからです。美容クリニックの場合、入院病棟を用意している所はほとんどないと思います。ですから夜勤の担当をすることがありません。規則正しい生活が送れますし、結婚していても家事との両立は旦那さんの協力がある程度期待できれば十分可能です。

 

夜勤がないと、給料がダウンしてしまうのではないかと思う人もいるでしょう。夜勤手当が出なくなってしまうからです。しかし美容クリニックはほとんどすべての施術が自由診療で、業績に応じて報奨金が出ますので、一般病院と比較しても決して遜色ないだけの給料を手にできます。私も前と比較して、給料が多少アップしたほどです。

 

美容クリニックは、結構駅前に立地していることが多いです。気軽に仕事帰りとかショッピング帰りに立ち寄れるように、そのような所で開業していることが多く、通勤しやすい所もいいと思いますね。